弓道の弦

弓道の弦

弓道の弦

安産祈願

昔からあるもの、古のもの。古くから言い伝えられてきたもの。日本には、こういったものがたくさんあって、それが海外の方々の心を打ったり、感動させることになるとか。

実は、この弓道の弦の話は、友人と結婚したアメリカ人のプレママから聞いたお話。このお話は、このプレママの旦那さんのおばあさんが、お話しされたことで、プレママのおばあさんがもっていた、この弓道の弦をいただいたというのです。なんだか素晴らしい話ですよね。

弓道の弓の弦が、ちょうどその弓の真ん中で切れたら、安産のお守りになる、ということなのですって。おばあさんは自分の弟さんが、弓道をやっていて、この真中できられた弦を、くれたのだそうです。

日本人のこういう感覚が大好きという彼女は、その弦を腹帯にしっかり毎日巻いています。安産祈願をしない若い世代もいるそうですが、日本の風習って、本当にいいものです。語り継げるものです。安産祈願、やっぱりしておくべきだって、思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional